「黒と白のはざま」 ロバート・ベイリー

ザ・プロフェッサーに続く、トム・マクマートリー教授シリーズ第2弾。前作で助けられた教え子のボー・ヘインズが殺人容疑をかけられトムに弁護を依頼する。またしても圧倒的に不利な状況の中で逆転無罪は可能なのか。それとも幼いころ父親を殺されたボーの復讐なのか。真実は如何に。
前回は善悪がはっきりとしていたが、今回は謎解きサスペンスの要素もあり、真相究明の面白さもあった。このシリーズ好きですね。米国では第3弾も出版されているとのこと。待ち遠しいね。

私的おすすめ度★★★★☆

翻訳が待たれます。小学館さん早めに出版よろしくお願いします。

黒と白のはざま (小学館文庫) - Bailey,Robert, ベイリー,ロバート, 弘人, 吉野
黒と白のはざま (小学館文庫) - Bailey,Robert, ベイリー,ロバート, 弘人, 吉野

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント