テーマ:コミック

「柔道部物語」 小林まこと

大人買い。 テレビで柔道オリンピック三連覇の野村忠宏さんが、影響された漫画として話をしていた。どうやらオリンピックで見せた釣り手だけの片手の背負いもここから得たものらしい。 以前、夢中で読んでいたことを思い出し、読み直したい衝動に駆られ全巻大人買い(笑) 一気に読んでしまった。 作者の小林さん、当初は自身の経験を元に部活動の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「漫画・うんちく埼玉」 比古地 朔弥

年末に新聞で見て面白そうだったので購入。 埼玉の名産や、B級グルメ、祭り、埼玉発の外食チェーンなどのうんちくを主人公の雲竹雄三と雲竹優子が矢継ぎ早に語っていく。 最近ゆっくり本を読む時間がないが、これは漫画なのでちゃちゃっと読めた。 日本一のものはなんとなく知っていたが、 (ケーキとパスタの消費日本一など) うどんの生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

孤独のグルメ

「孤独のグルメ」がドラマになっていた。 文庫のコミックで読んだ、「孤独のグルメ」がいつの間にかテレ東でドラマになっていた。 以前読んだ際の書き込みはこちら http://e365.at.webry.info/201009/article_7.html 番組のHPはこちら http://www.tv-tokyo.co…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「キャプテン」 ちばあきお

ちばあきおの名作。 古本屋で見つけて、その時は買わなかったが、 その後無性に読みたくなりネットで購入。 あらためてハマりました。 墨谷二中の4代に渡るキャプテンと仲間の物語。 まさに努力と根性。 なぜ谷口、丸井、近藤は普通に漢字表記なのに、イガラシだけカタカナなんだろう。 でもやっぱりイガラシはイガラシだな。 そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「三国志」 横山 光輝

漫画文庫版の三国志。 年末から読み始めました。大学時代に読んだ吉川英治の三国志ほどのインパクトをないけれど、 (それとも感受性が衰えているのか?)やっぱり三国志は面白い。 横山光輝の絵も見やすくていいね。 まだ3巻までしか読んでいないがこれからの展開が楽しみ。 結構ストーリー忘れてる。 飲んだ時に登場人物で誰が好きか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「孤独のグルメ」 久住昌之

静かなブームらしい。 グルメとタイトルにあるが出てくる店は町の定食屋。 個人で輸入雑貨の商売をしている主人公の中年、井之頭五郎があちこち行った折に初めて入る店で食べる様子を淡々と描くという漫画。酒は飲まず(飲めず?)ご飯(白米)と甘いもの好き。 大きな事件もドラマもない。なんてことはない日常だが主人公の感想やセリフに共感してし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『専務 島耕作⑤』  弘兼 憲史

いよいよ、次回から社長。どんな事件がおこって、どんな手腕をみせてくれるか楽しみです。弘兼さんも最初は『課長 島耕作』で完結する予定だったんでしょうね。島さんが優秀だったんでのぼり詰めました。まさに団塊世代の応援歌ですね。 専務島耕作 5 (5) (モーニングKC)講談社 弘兼 憲史 ユーザレビュー:物語はいよいよ最終章 ...…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ヤング島耕作主任編』2  弘兼 憲史

島耕作さん社長就任おめでとうございます(笑) とうとう登り詰めましたね。 『社長島耕作』がコミック版になるのが楽しみです。 で、これは島耕作は若かりしころの話。 さすが将来の社長だけあって若い頃から思いもよらないできごとに 巻き込まれます。 近い将来、入社からリタイアまでの一大絵巻物が完成することでしょう。 ヤ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ハチワンダイバー』1~7巻 柴田ヨクサル

いや~思わずハマってしまいました。 週刊誌の書評で気になっていたら本屋で発見してしまい、 1巻買ったら最後あっというまに7巻読み終えていました(笑) テレビでもドラマでやっているみたいですね。 81(ハチワン)は将棋の升目の数。賭け将棋の世界で実力を つけていく青年の話です。次々に新しい敵が登場。 鬼将会気になりますね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more