「ザ・プロフェッサー」 ロバート・ベイリー

順風満帆だった法学教授に訪れた突然の不幸。逆境に負けず周囲に助けられて法廷で闘う勧善懲悪の「胸アツ法廷小説」
洋風半沢直樹的な面白さだった。こういうの好きですね。訳者が出版社に持ち込んだ企画というのも頷けます。
愛犬ムッソの活躍もまた泣ける。

私的おすすめ度★★★

続編が刊行されていた。読まねば。



ザ・プロフェッサー (小学館文庫)
ザ・プロフェッサー (小学館文庫)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント